雨の日の傘は住宅でいうと・・・

こんにちは。

どうしても雨の日でも外出しなければならないとき、皆さんはどうされますか?ほとんどの方が、傘をさしてお出かけになると思います。

なぜ傘を使うのかと言えば、当然ですが、それは服やバッグを濡らしたくないからです。これはごく当たり前のことですが、本題に入る前の前置きとさせてください。


29618954_s.jpg


建物でいう「傘」は「屋根」と同じです。屋根がある理由は、外壁などを雨から守り、建物が傷むのを防ぐためです。深い軒のある屋根は、大きな傘をさしているようなもので、雨に濡れにくくなりますが、大きな傘が邪魔だと感じる人もいるかもしれません。その場合は、防水性の高い材料を選びましょう。いずれにしても、雨は下に流れますから、その流れを考慮した屋根のデザインが重要です。


29579490_s.jpg


例えば、軒を長くして、軒下にバルコニーを設けるのも良い方法です。しかし、軒が長いことで室内が暗くなる問題が生じる場合は、屋根に窓を付けるなど、トップライトの設置で室内に光を取り入れることが解決策となります。

また、直接垂れ流す設計も考えられます。通常は排水ドレンで雨水を集め、竪樋で排水しますが、バルコニーの端から直接垂れ流しにする方が、場合によってはより簡単で安全かもしれません。


1780152_s.jpg


屋根の形や軒の長さを調整するだけで、理想の生活空間を創出することができ、家作りがさらに楽しくなります。ライフプランに合わせて屋根の形を変えてみるのも一つの良い方法です。もちろん、外観のデザインによって、軒のない住宅も多数でております。住まわれる方の好みや、ライフスタイルに合わせてお好きな住宅を選ぶようにいたしましょう。




伊丹市・宝塚市・川西市の注文住宅なら
木久工務店 久下正義

家に使われている素材

皆様、こんにちは。
私たち工務店が取り扱っている住宅の素材について、今更ながら、改めて深く興味を持ち始めております。
ふと、疑問で「世界中でどのような素材が使われているのか」という疑問が浮かびました。


28968429_s.jpg


多くの地域では、石、土、木が伝統的な建築材料として使用されています。
日本では特に木が多用されていることが特徴的です。
豊富な森林資源が一因として挙げられますが、日本には他の素材もたくさん存在するにも関わらず、木が選ばれるのにはそれだけの理由があります。


29750972_s.jpg


木は自然の調湿機能を持ち、構造的にも柱を組み合わせて、さらに柱と柱のあいだに窓を大きく設計することが可能なため、
室内が明るく快適に保たれます。大きな窓からは風も通りやすく、この風通しがさらに調湿を助けることになります。
例えば、杉の柱は一本で600ml以上の水分を吸収する能力があり、これが室内環境を快適に保つのに役立っています。


29442122_s.jpg


さらに、木は伐採後も「呼吸」を続ける生きた素材です。この特性を活かすためには、木が育った環境に応じて使用することが重要です。
柱には根元が下になるように、梁には太陽の光が当たる面が上になるように配置します。木を継ぐ際にも、自然の流れを考慮し、木元と木末を適切に組み合わせてつなぎます。

木は特に湿気の多い日本の夏に適した素材であり、地元の木を地元で使うことが長く伝えられている理由も、その環境適応能力にあります。
家を建てる際には、これらの特性を理解し、快適な住まい作りを実現できるように役立てていきたいですね。



木久工務店 久下正義

夢の住まいを実現するための家づくりテーマ選びの秘訣

今回は、家づくりのテーマを決める時のポイントとアイデアについてお話ししようと思います。
家づくりは一生に一度の大きな出来事であり、どんな家を建てようか考えている時間はとてもワクワクしますよね。
では、どのようにして家づくりのテーマを決めるべきか、いくつかポイントをお伝えしていきます。


2174193_s.jpg


〇ライフスタイルから考える

最初に考えるべきことは、自分自身や家族のライフスタイルです。
家は生活の拠点であり、快適に過ごすためにはライフスタイルに合った家づくりが必要になります。
例えば、アウトドアが好きなら自然を感じる家、料理が趣味ならキッチンを重視した家、大家族なら収納が多い家など、ライフスタイルに合ったテーマを考えてみましょう。


〇予算を考慮する

ライフスタイルからテーマを考えても、現実的には予算を考慮する必要があります。
予算に合わせたテーマを選ぶことが、家づくりの成功につながるのです。
コストを抑えた素材の使用や、ご自身でDIYしてみてコストを抑えるなどの方法も検討しましょう。


3056013_s.jpg


〇好みや趣味を反映させる

家族それぞれの好みや趣味を家づくりのテーマに反映させることで、より満足度の高い家を実現できます。
インテリアやカラーチョイス、デザイン要素など、自分らしい家づくりを考えてみてください。


〇未来を見据える
家づくりは長期にわたり生活に関わっていくものです。
将来の変化やニーズを考慮してテーマを選びましょう。
例えば、将来的に家族が増える可能性や、リモートワークの必要性など、今後の未来の暮らしを想像してテーマを設定しましょう。


3688996_s.jpg


〇環境への配慮

現在では環境にやさしい家づくりが注目されています。
エネルギー効率の良い家、再生可能エネルギーの活用、断熱材の有効な使い方など、環境に配慮したテーマを検討し、持続可能な家を作り上げましょう。


〇アイデアを収集する

家づくりのテーマを決める際には、雑誌やウェブサイト、SNSなどからアイデアを収集することも大切です。
他の人がどのようなテーマで家づくりをしているかを参考にし、ご自身のイメージを具体化させましょう。
最近では、Instagramのリール動画やTikTokでお家の紹介動画をアップしている方も多数おられます。


22385812_s.jpg


最後に、家づくりのテーマを決める際には、専門家の意見も聞くということも大事な点です。
家づくりは一生に一度の機会です。テーマを慎重に選び、満足のいく家づくりをぜひ成功させてください。



木久工務店 久下正義

古からの慣習、地鎮祭とは

今日は、地鎮祭についてお話をします。
古くから伝わる伝統である地鎮祭は、建設工事の始まる前に行われる儀式です。
しかし、その歴史や詳細について知られていないことがあります。
地鎮祭は、「地を鎮める」という意味を持ち、「とこしずめのまつり」とも呼ばれます。
この儀式は、土木工事や建築物の建設に際し、安全な工事の実施や建物が長持ちすることを祈願するものです。


2195312_s.jpg


地鎮祭では、土地の守り神である産土大神や地を守護する神である大地主大神、埴山姫大神などが祀られます。
その歴史は古く、弥生時代にさかのぼり、高床式建物の柱からは勾玉が見つかっています。
また、『日本書紀』には西暦690年に藤原京を鎮め祭らせたという記述があります。


22519610_s.jpg


このように古くから地鎮祭の儀式が行われていたことが記録されています。
古代の地鎮祭では、金銭やガラス玉、金箔、水晶などの貴重品が捧げられ、土器に入れられた後、
敷地の中央や四隅に埋められました。また、穀物などの食べ物も供えられました。
地鎮祭が現在の形に広まったのは、江戸時代後半で、家の建築技術が向上し、
人々の家への関心が高まったことが影響しています。


2062884_s.jpg


地鎮祭の内容は、一般的には土地の中央を祭場とし、
斎竹(いみだけ、葉のついた青竹)を四隅に立て、
注連縄(しめなわ)を張ります。
その中央に神籬(ひもろぎ、榊に麻と紙垂をつけたもの)を立て、
そこに神様をお呼びします。
祭儀は、修祓(しゅばつ)
降神(こうしん、神さまをお招きする)
献饌(けんせん、神饌(しんせん)を供える)
祝詞奏上・散供(さんく)・地鎮行事(じちんぎょうじ)
玉串拝礼・撤饌(てっせん、神饌を下げる)
昇神(しょうしん、神さまをお送りする)

というのが一般的です。
地鎮祭は、日本人の自然や土地の神への深い信仰心が表れた儀式です。

22619372_s.jpg



木久工務店 久下正義

猫と暮らす家づくり

突然ですが、ペットを家族同様に生活をされている方はたくさんいらっしゃると思います。
新型コロナウイルスの流行以降、家族にペットを迎える人が増え、その中でも猫が大変人気です。今回は、猫の性質に合わせた住宅設計のアイデアをご紹介します。

28760069_s.jpg

猫と言えば、愛らしさ、探求心、時には甘えん坊という特徴がありますよね。猫は一日ごとに気持ちが変わる自由な生き物です。
このような猫の性格を踏まえて、住宅を設計する際に考慮すべき点とは何でしょうか。
最も重要なのは、猫の安全性です。猫は敏感で、大きな音に驚いてしまうことがあります。
それによって、窓から飛び出してしまうこともあるため、これは飼い主にとっても、猫にとっても大きな問題です。
このようなリスクを避けるため、内ドアの設置が推奨されます。
猫は外界に対して強い興味を持っています。内ドアは脱走防止だけではなく、窓を開けた際に新鮮な空気を感じさせてくれます。
このように内ドアを設けることで、猫は安全に外の世界と繋がることができ、ストレスを減らすと同時に健康維持にも役立ちます。

28956256_s.jpg

次に、猫が楽しめる遊び場を作ることが重要です。キャットウォークやキャットステップは、猫が動き回ることを促し、散歩の代わりにもなります。
もしスペースが限られている場合は、収納とキャットステップが一体化した家具がおすすめです。
また、ペット用のフローリングを選ぶことで、爪の傷がつきにくく、滑りにくいため、猫にも人間にも便利です。
明確なコンセプトが決まれば、それに基づいた計画を立てることができます。「猫優先の家」や「猫も人も幸せになる機能満載の家」など、
コンセプトに沿って必要な要素が見えてくるでしょう。


猫はそれぞれ個性があり、その差を理解し尊重することが幸せな共同生活には不可欠です。猫に最適な環境を提供し、ストレスを最小限に抑えることで、
生活の質を高めることができます。ぜひ猫ちゃんと一緒に、安心して過ごせる住まい作りを目指しましょう。




木久工務店  久下

カーテンの色選びの豆知識(暖色系編)

新しい家を建てたり、新生活が始まる時、生活に欠かせないアイテムとして「カーテン」が挙げられます。
個人の好みに合わせて色を選ぶのが最善ですが、色にはそれぞれが持つ効果があり、部屋によって推奨される色や控えた方が良い色が存在します。
ここでは、「暖色系」の色に焦点を当ててお話しします。


3636464_s.jpg


【白・アイボリー・ベージュ】
白系統の色は、清潔感と明るさを部屋にもたらしてくれます。特に、空間を広く見せる効果があるため、狭いスペースに最適です。
白色は特に太陽の光を多く取り込むため、日当たりが強い部屋では、遮熱機能を持つ素材を選ぶなどして対策しましょう。
ベージュは多くのインテリアスタイルに合わせやすい万能色ですが、使いすぎると平坦な印象になることがあるため、
他の色をアクセントとして加えると良いでしょう。

【オレンジ・黄色】
オレンジはリラックスできる効果があり、食事を美味しく見せるため、食欲を促進します。キッチンやリビング、子供部屋に最適で、
部屋を明るく活気ある空間に変えます。黄色は前向きな気持ちを促し、活発な会話を助ける色です。明るく乾いた感じがするため、
水回りにも適しています。目立つ色であるため、インテリアのアクセントとして用いるのがお勧めです。


28120944_s.jpg


【赤・ピンク】
赤色はエネルギーがわき、食欲を刺激しますが、興奮させる作用もあるため、適度な量で使用することが推奨されます。
ピンク色は落ち着いた優しい雰囲気を演出し、特に淡いピンクはリラックス効果が高いため、寝室や子供部屋に適しています。美容効果も期待される色です。


4645584_s.jpg


暖色系の色にはそれぞれに魅力がありますが、最も重要なのは家族全員が快適に過ごせることです。
色の効果に捉われすぎず、ご家族のご意見を尊重してください。そして一緒に素敵な家庭生活を築いていきましょう。
カーテンの設置に関しては、追加料金が発生するケースもありますので、詳細はお気軽にご相談ください。



木久工務店 久下正義

家を建てる時の「防犯設備」について

こんにちは、今日は家を建てる時の「防犯設備」についてお話をします。

泥棒は住宅に侵入しようとする時、5分以内に入れなければ約70%が諦めると言われています。
そのため、侵入が難しい5分以上かかる家を建てることが、泥棒からの被害を減らす一番の方法です。

泥棒はほとんどの場合、事前に下見をします。そのため、「狙われにくくする」「侵入を防ぐ」ための4つの原則があると言われています。
それは

「人の目につきやすいこと(目)」
「明るい照明(光)」
「大きな音による警報(音)」
「侵入に5分以上を要すること(時間)」です。

これらの点を抑えることで、空き巣被害のリスクを大幅に減らせます。


28549275_s.jpg

具体的な対策として、見えにくい場所や死角を減らし、セキュリティシステムを導入することが挙げられます。
また、家の立地にも注意が必要です。例えば、公園の近くや袋小路など、犯罪者が隠れやすい場所はリスクが高まります。
したがって、土地を購入する前に、異なる時間に何度も周辺を観察することが重要です。

そして建物の面では窓が最も侵入経路になりやすいため、窓の防犯対策は特に重要です。
補助錠の取り付けや防犯ガラスの使用は効果的です。防犯ガラスは、特殊フィルムを挟んだ二重構造で、
泥棒がガラスを割っても穴が開きにくい仕組みです。これによって外部からの侵入の可能性が低くなります。


28600415_s.jpg


さらに、窓の配置にも注意し、侵入しやすい場所に窓を設置しないようにし、侵入しやすい足場がないかも確認することが大切です。
また、見通しの良い奥が見えるフェンスの設置も有効です。縦の格子が細かいフェンスは、侵入者が登りにくく、奥が見えるので敬遠します。
そのほかの防犯対策としては、玉砂利を使って音が出るようにしたり、センサーライトの設置もお勧めです。
玄関も重要なポイントで、二重の鍵穴のドアは、ピッキングに時間がかかり、泥棒が諦めやすくなります。

これらの防犯対策を行ったとしても、完全に空き巣被害を防ぐことはできませんが、リスクを減らすことは可能です。
特に、窓ガラスやドアの鍵、フェンスなどは、家を建てる時から防犯を意識して設計することが重要です。

防犯について詳しくはぜひお問合せ下さいませ。




木久工務店 久下正義

家を建てる前に、良い工務店・ハウスメーカーを選ぶポイント」について

今日は工務店・ハウスメーカーを選ぶポイントについてお話しします。
家を建てる時に工務店・ハウスメーカーを見つけることは一生に一度の大きな事柄です。良い選択をするために以下の10のポイントを考慮しましょう。

Depositphotos_317129304_S.jpg

①情報収集: インターネットや雑誌から、さまざまな工務店に関する情報を集めましょう。顧客のレビューや評価、建築された家の写真などをチェックしてその工務店の信頼性や品質を理解しましょう。

②実績の確認: 工務店の過去の施工例を見て、その特徴やデザインを把握しましょう。そして自分の理想に合っているかどうかを確かめましょう。

③品質の確認: 施工の品質はとても重要です。耐久性や仕上げのレベルが将来的な住み心地やメンテナンスに大きく影響します。過去の施工例、法令の遵守、保証内容などを調べて、信頼できる工務店を選びましょう。

Depositphotos_167636162_S.jpg


④価格とコストの透明性: 契約前にしっかりした見積もりを取り、総費用を明確にしましょう。追加料金や隠れたコストがないか確認が必要です。仕様変更やオプションの費用についても事前に知っておくべきです。

⑤アフターサービス: アフターサービスについても確認しましょう。建築中や引き渡し後の対応、保証内容、メンテナンスのサポート体制などは大切なポイントです。

⑥相性: 長きにわたる関係性を考えて、相談のしやすさ要望への対応などをチェックしましょう。信頼できる相手との関係はスムーズな家造りにつながってきます。


⑦特徴の比較: 省エネや環境配慮性、デザインやカスタマイズなど、各工務店の特色や強みを比較しましょう。自分の優先事項に合った工務店を選びます。
2174193_s.jpg


⑧口コミの確認: 友人や家族の経験談も大切な情報源です。実際の顧客の評価を聞くことで、工務店の実態を知ることができます。

⑨保証の有無: 工務店の保証内容や長期的なサービスの有無を確認しましょう。信頼できる工務店は、適切な保証やサービスを提供します。

⑩相見積もりの取得: 最終的には、複数の工務店から見積もりを取り、比較検討しましょう。価格だけでなく品質やサービスも考慮して、自分のニーズに最適な工務店を選びましょう。


これらのポイントを参考にして、慎重に情報収集を行い、理想の家を建てるための信頼できる工務店を選びましょう。




木久工務店  久下

すぐにできる防犯対策

こんにちは、今日は防犯対策についてお話しします。

防犯特集のテレビで空き巣被害の話を耳にすることが多いですよね。
特に一戸建て住宅の場合、防犯は自分たちの手でしっかりと行う必要があります。
ここでは、家庭でできる防犯策について、いくつかのポイントを紹介します。


AdobeStock_137662105.jpg


●照明とタイマーの利用

照明は不審者を遠ざける効果があります。家の外周や玄関、庭にセンサーライトを設置することで、侵入者を威嚇できます。
また、家を空ける際には、タイマーで照明を周期的に点灯させることで、
まるで家にいるかのような錯覚を与え、防犯効果を上げることができます。


●鍵とドアのセキュリティ向上

まず重要なのは、丈夫な鍵を取り付けることです。玄関や裏口など、侵入されやすい箇所には、防犯性の高い鍵を選ぶことが肝心です。
さらに、ドアや窓に防犯フィルムや補助錠を追加することで、セキュリティを強化できます。

26282582_s.jpg


●監視カメラとセキュリティシステムの導入

最新の監視カメラやセキュリティシステムを設置することで、家を24時間監視することができます。
特に家の周辺や主要な入り口にカメラを設置すると効果的です。
セキュリティシステムには、センサーやアラームが含まれており、異常があった際には自動的に警告を発します。


●地域との連携と防犯活動への参加

地域の防犯活動に参加することで、安全なコミュニティを築くことが可能です。
近所の人々と情報を共有し、不審な人物や事件に気をつけることが、犯罪を防ぐ助けになります。
また、地域の防犯パトロールや訓練に参加することで、みんなで防犯意識を高めることも重要です。


23534250_s.jpg


これらは家庭で行える防犯対策のいくつかの例です。これらを組み合わせることで、安全で快適な住環境を作ることができます。
ぜひ実践してみてください。

当社では、これら以外にも様々な防犯対策をご提案し、導入をサポートしています。
安心して暮らせる家作りのために、どんなことでもお気軽にご相談ください。




木久工務店 久下正義

今さら聞けない、家づくりで初めに決めること

コロナが明けてから大部分の生活がコロナ前の状況に戻ってきました。
家づくりも以前と同じように検討される方も増えていることでしょう。
家づくりを始める方もいれば、既に進行中の方もいらっしゃいます。
今からスタートする方や、すでに家づくりの迷路に迷い込んでしまった方々に、
おすすめの手順を紹介します。


22188368_s.jpg


家づくりにおいて、最初に何を優先的に決めるべきだと思いますか?
住む家のデザインや土地の選定、予算計画など、さまざまな要素が考えられますが、


なんと、答えは【資金計画】です。


なぜなら、家は人生で最も大きな投資の一つです。皆さんが普段の買い物をするとき、
お財布や銀行口座の中身を気にせずに買い物をすることは滅多にありませんよね?
家づくりでも同様で、適切な資金計画とベストな住宅ローンを選ばないと、
後々支払いが難しくなり、家を手放すことになるお客様が年間で数千人もいらっしゃいます。
幸せを追求するはずの家づくりで、不幸になることは避けたいですよね。


28179235_s.jpg


ですから、家の間取りを検討したり、土地を探すことも大切ですが、
その前に資金計画をしっかり立て、詳細を決めていくことをお勧めします。
実際の資金計画の中で、最も重要なのが住宅ローンの選択です。
しかし、住宅ローンの種類は5000以上も存在し、独自で調べるのは大変です。
ぜひ私どもプロにお気軽にご相談いただければと思います。


次に決めるべきことは、土地ではなく「プラン」です。
土地を先に選ぶことが一般的かもしれませんが、家づくりのきっかけを思い出してみてください。
この地域に住みたいからではなく、子供が成長して理想の空間で暮らしたい、
家に対する憧れや想いがきっかけになっていませんか?
土地を先に選ぶと、土地に合わせたプランや予算に縛られることがあります。
自分たちが理想とする家に合わせて土地を探す方が、後悔や失敗を避けやすくなります。
なお、プランは詳細にこだわる必要はありません。大まかなアイデアで十分です。


3688996_s.jpg


つまり、家づくりを進める際のステップは、資金計画を立てること、
次にプランを考え、最後に土地を選ぶことをおすすめします。
これから家づくりを考えている方は、参考にしていただき、
既に家づくり進行中で色々迷われている方は、一度計画を見つめなおし、
資金計画から立てる事をお勧めします。


ぜひ皆様の理想の住まいが、理想のカタチで実現する事を心より願っております。



木久工務店 久下正義